[ coincidencia ]

Jyoji Sawada & Fernando Kabusacki

UKSL-0004

UKSL_04+_3_low.jpg

タイトル:
[ coincidencia ] / Jyoji Sawada & Fernando Kabusacki
価格:¥2,000 (税抜)
規格番号:UKSL - 0004
POS/JAN:0000000000000
CD発売:2020月11月1日
iTunes他デジタル配信予定:2020年10月21日

01  Tokyo Buenos Aires
02  Little Star
03  Rain Drops
04  SJ2-2
05  Head Light
06  Kubrik
07  On the Boat
08  Taiyo Fu
09  Buenos Aires - Tokyo

ALL music written by Jyoji Sawada & Fernando Kabusacki ( expect Tr 07 )
( Tr 07 On the Boat  = Jyoji Sawada & Fernando Kabusacki & Daikichi Yoshida )

- プロデュース 沢田穣治 (Unknown Silence)

- 沢田穣治  [ エレクトリックベース . コントラバス ]
- フェルナンド・カブサッキ [ エレクトリックギター ]

- 馬場孝喜  [ エレクトリックギター ]
- ヨシダダイキチ  [ エレクトリックシタール ]
- 岡部洋一  [パーカッション ]


- 録音 + ミックス 松井 敬治 (echo & cloud studio)

- マスタリング 森崇 (Bosco Music. Unknown Silence)


- アートディレクション & デザイン
  株式会社ハイファイカンパニー (水田十夢 & 入江澄穂)

- 写真 沢田穣治

Unknowan_silence_logo_ishi.png
Jyoji Sawada

Erectric Bass, ContraBass

Fernando Kabusacki

Erectric Guitar

Takayoshi Baba

Erectric Guitar

Daikichi Yoshida

Electric Sitar

> > > プロフィール

Yoichi Okabe

Percussion

> > > プロフィール

[ Tokyo-ToWer. ]

Rika Matsubara

UKSL-0005

UKSL_05+.jpg

タイトル:
[ ToKyo-ToWer. ] / Rika Matsubara
価格:¥2,500 (税抜)
規格番号:UKSL - 0005
POS/JAN:4525118089274
CD発売:2020月12月25日
Tunes他デジタル配信:2020年11月18日

01  Mi Estrella
02 Circus Night
03 Utasaeareba ikiteikeru
04 Closed
05 Kousyoku syouronsou
06 E wo kaku otoko 
07 Boom!Boom!Boom! 
08 Tritoma 
09 Old Country (Gitensya Dream ver.) 

Produced by Jyoji Sawada (Unknown Silence)
ALL music written by Rika Matsubara (except 02, 09)
(02 Circus Night  = Tavito Nanao, 09 Old country (Gitensya Dream ver.)  =  Jyoji Sawada

Licensed by TOKYO TOWER

matsubara_rika.jpg

- プロデュース 沢田 穣治 (Unknown Silence)

- 松原 里佳  [ ボーカル, ピアノ ]

- 沢田 穣治  [ コントラバス, エレキベース, ガットギター ]
- 橋本 歩  [ チェロ ]   
- 向島 ゆり子  [ バイオリン,  ビオラ ]
- 沼 直也  [ ドラムス, パーカッション ]
- Andy Bevan  [ サックス, フルート, ディジュリドゥ ]
- 馬場 孝喜  [ エレキギター, アコースティックギター ]

- 録音 + ミックス + マスタリング at Sound City Annex studio t1

 鎌田 岳彦

- アートディレクション & デザイン、イラスト、邦題字
 水田 十夢 ( 株式会社ハイファイカンパニー )

- 写真、英題字 沢田 穣治

- 集合写真 桑鶴 麻氣子

120959588_910085906185114_52877235658088

七尾旅人氏よりコメントが到着しました。

「サーカスナイトをカバーしたい」と連絡頂いてから交流が始まった松原里佳さん。

入手困難な1stアルバムを聴かせて頂いた際はとても感動してこんな風にツイートした。

《松原里佳さんに頂いたアルバム「ZERO」その美しいピアノ弾き語りのベースにブラジル音楽があるが、心地よさ、享楽性だけを抜き取って日本向けに翻案したボッサ風ポップスとは雲泥で、トロピカリアの牽引者だったカエターノのような歌い手を日本語で日本人の歌として聴いているような異質さに衝撃》


現在ではサブスクリプションでも聴けるようになっているので、ぜひチェックしてみて下さい。

松原さんは関西に住み、音楽を専業とはせず、日々の暮らしと子育てに専念されていたようだが、この一見ちいさな島国にこんなすごい音楽家が潜んでいるという事実にわくわくした。

逆風のなか独り立ち上がろうとする女性の研ぎ澄まされた感覚の美が際立っていた前作「ZERO」から、名匠・沢田穣治氏(Choro Club)をプロデュースに迎え、優れた奏者たちとの多彩な響きに彩られた今作まで、いったいどんな物語があったのだろう。


「東京タワー」というタイトルを耳にした瞬間は意外性を感じたが、初となる東京レコーディングで毎日通ったスタジオの目前にこの電波塔が見えていたことが、命名の由来だという。松原さんにとって、音楽人生の転機となるような、とても大きな数日間だったんだなと思う。

自分の話になってしまうが、幼い頃、弟の心臓手術のために四国から東京へ出てきた際、泊めてくださった遠縁の方のおうちの窓から毎晩点滅する東京タワーが全容を捉え切れないほどの至近距離に見えていて、つよい印象を抱えたことを思い出した。その高さや形がよくわからないほど、近かったのだ。夜に見るそれはあまりにも生々しくて、怪獣みたいだった。

今では特になんの感慨も抱くことがない一風景に過ぎないが、あの頃の自分にとってそれは確かに何か、幸とも不幸ともつかないものの象徴だった。遠方から来た者に対する、受容と拒絶の象徴だった。

しかし僕だったらこんな潔い名付けは出来ない。大事なアルバムとなると、もっと構えてしまい、エゴが入ってしまう。松原さんの表現は一筋縄ではいかない強いものなのに、状況をそのままストンと受け入れるおおらかさや、他者に対するさりげない肯定の感覚もあり、暖かい。


茫漠とした灰色の砂浜でふと手にすることができたシーグラスのような輝きに、つよく励まされる自分がいます。

この素晴らしい作品が、多くの音楽ファンの愛聴盤になることを願います。


七尾旅人

Rika Matsubara who contacted me saying “I want cover Circus Night”. Since then we have started exchange.

 

When I listened to her 1st album which is now hard to find, I was very impressed and tweeted like this.

《The album "ZERO" is given by Rika Matsubara. Her beautiful piano playing and singing has Brazilian music as the base. However, unlike bossa-style pop music, which was adapted for Japan by extracting only comfort and enjoyment, it is as if listening to a singer like Caetano, who was the leader of Tropicália as a Japanese song in Japanese. I was shocked by its heterogeneity. 》

 

Currently you can listen to it even with a subscription, so please check it out.

Matsubara lived in Kansai area. Without specialize in music, she seemed to concentrate on her daily life and child-rearing. I was thrilled by the fact that such a great musician lurks in this seemingly small island country.

 

In the previous work "ZERO", the beauty of the sharpened sense of a woman trying to stand up alone in a headwind was outstanding. This time, the maestro Jyoji Sawada (Choro Club) was invited to produce a variety of sounds with excellent players. From previous work to this work, what kind of story was there?

 

The moment I heard the title "Tokyo Tower", I was surprised. It is said that the name comes from the fact that in front of the studio she visited every day for the first time recording in Tokyo, she has been seeing this radio tower.

I think it was a very big few days for Matsubara, which was a turning point in her musical life.

 

It's my story, but when I was young, when I came to Tokyo from Shikoku for my brother's heart surgery. During the visit, I stayed at distant relative's home. Every night, through the window, Tokyo Tower flashed but I could not catch the whole picture because it was so close and looked so huge. It gave me a big impact. Seeing it at night, it looked like a real monster.

 

Nowadays, it's just a landscape that I don't feel any emotional feelings about, but for me at that time, it was certainly a symbol of something, fortunate or unfortunate. It was a symbol of acceptance and rejection of those who came from afar.

 

I can't give such a clean name. When it comes to an important album, my ego has to hold more. Although Matsubara's expression is not straightforward, she is warm because she has a laid back feeling of accepting the situation as it is and a subtle sense of affirmation toward others.

I am strongly encouraged by the sea glass-like brilliance that I unexpectedly picked up on the boundless gray sandy beach.

I hope this wonderful work will be loved for many music fans.

 

Tavito Nanao

 

英訳 : Kei

楽曲紹介

■Mi Estrella 

ラテンジャズピアニスト中島徹氏への憧れを描いた曲。当時活動していたバンド向けに「SADE」にも影響を受けて作った。タイトルの意味はスペイン語で「私の星」。

 

■サーカスナイト

サーカスナイト(七尾旅人)音楽についても大変信頼している友人にリクエストされたことがきっかけで出会った曲。浮かんできた映像を更に掘り下げたくなり選曲。旅人さんへのリスペクトを込めて。

 

■ウタさえあれば生きていける

 

敬愛するミュージシャン、カオリーニョ藤原氏の代表曲の一つ「人生の花」へのオマージュを込めたサンバ。歌詞にどうしても「カオリーニョ」を入れたかった。タイトルは、藤原氏主宰で初めて出演したイベント「ウタサエアレバイキテイケル」から。

■Closed  作詞作曲 松原里佳

 

茨木のり子氏の詩集から「小さな娘が思ったこと」にインスピレーションを受け、誰かを抱きしめ、受け入れる役に疲れた人の心の葛藤を描いた。作曲時にはそれまで自分の曲になかった“シンプルでブルージーな曲”を意識した。

 ■好食小論争 

 

他人の二人が、自分の当たり前と他人のそれに折り合いをつけて暮らして行く。年月が経って、お互いが三食何を食べているのか、はたまた食べてないのかさえ話すことがなくなっても、お互いの「基本」は知っていて、それが味噌汁だったら何かいいな、という想いから生まれた曲。

 ■絵を描く男    

 

才能に溢れ活躍していた一人の男が、夢破れた後も「俺は死んじゃいない」というメッセージをキャンバスに描き続ける姿を歌う物語のような曲。実際のとある出来事に衝撃を受け曲に残したいという一心で描いた。

■Boom!Boom!Boom! 

 

風営法の改正として深夜のダンスクラブが相次いで摘発されダンス仲間の間でも話題になった頃、踊りの何が悪い?という思いに、「ダンスをする喜び、取り分けペアダンス(Salsa)の魅力を歌いたい!」と描いた曲。途中のフレーズはTito Puente の「Para los Rumberos」の節。

■Tritoma

 

15年ほど前、メロディーから浮かび初めて詞をつけたオリジナル曲第一号。当時はラテン音楽のボレロを意識して演奏していたが、ブラジル音楽の影響を受けた後も何度かアレンジを変えて歌っている。タイトルTritoma(トリトマ)は南アフリカ原産の花の名で、「あなたを想うと胸が痛む」という花言葉から。

■Old country  作曲 沢田穣治 

 

沢田氏の「幼少期の原風景」をテーマに描かれた曲に詞をつけたもの。父ちゃんの自転車に乗せられていた夕焼けの畦道等、沢田氏のエピソードやイメージを基に作詞した。実生活の子との会話も反映させながら、離別した親との思い出や幼少期をゆっくりと回想するサウダーヂな一曲。

tokyo_tower.jpg
Unknowan_silence_logo_ishi.png
Rika Matsubara

Voval & Piano

Jyoji Sawada
tower_red02.png

Contrabass, Electric Bass, Gut Guitar

Takayoshi Baba

Erectric Guitar

Andy Bevan

Soprano Sax, Flute, Didgeridoo

> > > プロフィール

Naoya Numa

Drums. Percussion

> > > プロフィール

Ayumi Hashimoto

Cello

> > > プロフィール

Yuriko Mukoujima

Violin, Viola

> > > プロフィール

120914331_1220280924998279_4084572250848
Unknowan_silence_logo_HAMON.png
120943800_675555780034399_12852263731663
120864923_772444066883336_22194142803220